| Home|金融は生き物だ|日本の政策は中小には不向きでは|政府と日銀の考えは|金融破綻が起こっているのでは| 金融の事を考えた

日本の政策は中小には不向きでは

日本の金融事情はいま大丈夫か?という不安が、中小企業などで働いている方々の中にもあるかと思われます。 日本の政策は、よく大手企業などには有利だが、中小企業には不向きである…というような言葉があります。 これは、日本の政策として、大手企業に多くお金を融資し、また金融機関がつぶれないように、国が金融機関などに対して、お金を融資する場合があるからです。 これはなぜか?というと、金融機関がつぶれてしまった場合に、とても大きなダメージを国が抱えることになってしまうからです。 よく、国の終わりは金融機関も破綻してしまう…ということがらがありますが、これは逆もあり、金融機関が破たんしてしまうと、国が破綻してしまうこともあるからなのです。 そのため、大きな企業や大手の企業などに、融資がされる場合というのがあります。 ニュースなどでも、中小企業などに働いている方や、中小の会社で働いている方が、いまいち景気などの回復について感じない…と言われるのはこのような理由などがあるからです。 これは、日本だけでなく、アメリカでも大手の企業に対しては、融資などがとても大きいところがありました。 これは、リーマンショックの際ですが、大手の場合には、アメリカの場合も、その破綻したことによる影響がはかりしれないことから、融資を行ったという背景があります。 また、大手が潰れてしまうということは、そこで働く従業員だけでなく、そちらと取引をしている会社や他の企業にもダメージがとても大きいことから、巻き込まれる人がとても多いことが、原因の1つともなっています。 アメリカの場合にも、このような上記の理由から、融資を大手企業には行った、または行っているというような背景があります。 リーマンショックの煽りを受けて、日本でもその際には、多くの企業が倒産をされました。 日本の政策には、確かに大手に良い側面がありますがそれは上記のような理由があるためもあるのです。