| Home|金融は生き物だ|日本の政策は中小には不向きでは|政府と日銀の考えは|金融破綻が起こっているのでは| 金融の事を考えた

金融の事を考えた

日本だけで見ていていいのか

2014年9月29日

長い間低迷を続けていた経済が漸く明るい兆しがしっかりと見え始め、好転していると言えるようになりました。 しかし現実社会に暮らす一般市民に経済的な恩恵を受けられるのはもっと先の事だと感じています。また経済だけではなく金融は経済と大きく関わっている事からグローバル的な視点でモノを見なければなりません。はっきり言ってしまえば日本だけを見ていてはいけないと言う事です。日本の金融事情は必ずし →続く

時代の変化で金融情勢は大きく変わる

2014年8月21日

漸く長い低迷を抜けて日本経済は回復し始めましたが経済と言うものは本当に先が見えないモノだと強く思います。特に金融と言うものは時代の変化によって大きく変わるものであり、日本だけではなくワールドワイドな問題が絡んでくるので非常に厄介です。はっきり言えば金融と言うものは生き物なので自分が考えている事とは真逆に動く事は珍しくありません。例えば →続く

金融の流れを読むことが

2014年7月29日

経済活動が行われる中では資金が不足する側と資金に余剰が生じる側とが存在します。金融というのはその両者を結びつけ、資金が必要とされるところへ配布させる機能を働かせ、このことによって金銭上の債権債務の関係が両者に生まれます。お金はとどまっているだけでは意味がありません。もともといろいろなところをぐるぐるとまわって活用されてこそ経済は活性化します。経済的に豊かということはお金の流れを豊富に持っているということです。お金をたくさん溜め込めばいいというものではなく →続く